初めてのヴィトン褒められ物語


ブランド物も嫌いではないし、子供がいない時は良く海外に行っていたし
比較的安価で手に入るということもあって、結構ブランド物を持っていたのだけれど
離婚時のいざこざですべてを売却し手元にあるのは仕事用のバレンシアガと冠婚葬祭用のロエベのみ。
しかしどちらも皮が柔らかく、荒っぽく扱うには気の引けるバックであるため
日々雑誌の付録のバックを使っていたのですが、さすがにアラフォーが雑誌の付録ばかりは痛い。




そんな時美容院で読んだ雑誌で見つけたのが
パームスプリングス バックパックMINIM41457
  http://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/products/palm-springs-backpack-mini-monogram-015379




ここで見るとなんだかどぎつい黒と赤のような気がするけれど、雑誌の方ではもう少し感じよく見えたのよ・・・。

で、一度はこのカラーリングが嫌で諦めたのだけれど、ちょうど日本橋で2時間ほど空白の時間が出来た時に、三越のヴィトンを覗いてみたら、この黒赤バージョンと通常のモノグラムがあり、見比べる機会を得ることに。
  http://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/products/palm-springs-backpack-mini-monogram-012159

ちなみにコンビのカラーリングもWebでは見つかるのだけど、売り切れでした。
  http://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/products/palm-springs-backpack-mini-monogram-013918




ポシェットのようなショルダーにしても使えるこのミニリュック、両手が空いて携帯とお財布とあと少しを入れられ、雨や汚れに強いヴィトン合皮・・・子育て中の私にピッタリ。




と欲しくなってしまったので今後の家計の資金繰り及びネットでの最低価格リサーチを即座に実施し、海外に行くより安いと弾いてご購入。
娘は美容院でこのバック可愛くない?からずっと日々ママが悩んでいる所を見てきたので、すっかりヴィトンという言葉を覚えてしまい(笑)
また子供でも背負えるミニサイズのため、将来的には私の物になると踏んでか大喜び。




そんなミニヴィトンを連れて先日混み合う原宿竹下通りに母と娘は出かけたのですが、
私の知らない間に

「ママ、ママのヴィトン超かわいいって知らない人が言ってた」

と娘から報告が。
おお、これが最新モデルのヴィトンの威力か。




 
綺麗に使っていつか飽きたら売却するもよし、ラフに使って娘が成長したらあげるもよし。
とりあえず満足のいく買い物でございました。

Comments are closed.

Top