結婚しろと言われなくなった

年末年始実家にて親類縁者からの頂き物である海産物を心行くまでいただき
離婚サイコー!と叫びました。
まもなく四十路のシングルマザーです。

 

そんな私も三十路手前には同じ家同じメンツに恐ろしい勢いで結婚を勧められるだけでなく
勝手にお見合い写真+釣り書を親戚一同に配られたり
良縁成就に有名な神社に拉致られたりとそれはそれは強いプレッシャーを受けたものです。

 

特に母は若くして私を産んでいるので、学生時代から誕生日には
「あんたの年には私は陣痛で苦しんでた」
「赤子を抱えてた」
「弟が生まれてた」
などなどテロを受けていたものです。

 

まあ、そんなプレッシャーの甲斐もあり?無事三十路前に結婚したのですが、一人目を産んですぐに離婚。
約5年の結婚生活は旦那側に合わせ続けたので、しばらく実家に顔を出すこともできなかったのですが(元夫が私実家を嫌がる、帰省費用をケチるため)熱烈に結婚を勧めた手前我が親も文句が言えず、離婚後の帰省はいたく歓迎されるものになりました。

 

 

とはいえコブ付きの私とお付き合いしてくださる方も現れ、とりあえず両親にも紹介したのですが。。。
これがまあ、見事に催促されない。
ノータッチ。まるで彼は存在しなかったかのようにスルーであります。
10年前を思うと少し寂しい気すらします。

Comments are closed.

Top